タイトルが設定されていません(仮)

Perfumeのことや雑記などを適当に。記事によって口調が変わるのは仕様です。

Perfumeのツアー全20公演に行ったので使った金額をぶっちゃける

タイトルの通りです。ぶっちゃけます。

いつもは妄想ばかりですが、今回は事実に基づいてます。

Perfume 7th Tour 2018「FUTURE POP」』を全通しました。

(まだ大阪での追加・振替公演が残ってますが)

横浜での追加公演を含めて20公演行ってきましたので、それらにかかった費用をここに記録しますぶっちゃけます。費用以外のことも。

この記事を公開する理由

全通のやり方って誰も公開してなくね?

「情報化社会」という言葉が生まれて20年以上になるでしょうか。

国際問題、今夜のごはんも、全部ググればすぐに答えを得られる時代です。しかし、「全通 やり方」とググってもまともな情報には辿り着かないでしょう。多分存在しないのでは。

全通って実際どうやってんの?お金どれくらいかけてるの?なんて思う方もいるでしょう。ハウツー記事とまでは行かなくても、一つの参考になればいいかなと思いました。

この規模の全通は初めてだった

過去にも全通はしてます。

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」』や『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP』などです。しかし前者は公演数が少ない(2都市4公演)ですし、後者はそもそもツアーではなく、開催場所も東京と広島の2ヶ所でした。

今回の『Perfume 7th Tour 2018「FUTURE POP」』は9都市17公演*1に加えて追加公演の3公演、計9都市20公演と規模が違います。これだけ短期間のうちにこれだけ多くの「遠征」をしたのも初めてでした。

自身の初体験として残しておきます。これを元に次はもっと改善できるだろうし、そのために記録って大事です。

ブログのネタとしてありかなって思った

毎年言ってる気がしますが今年こそブログを書く習慣をつけたい。 書きやすいネタだったので持ってきました。

 

この記事を書いてる人のスペック

一般的なそれ

25歳になりました。社会人2年目です。神奈川県で一人暮らしをしてます。

平々凡々な普通の一般企業に勤めています。土日休みの完全週休二日制です。ちょっと調べたら、20代大卒の平均年収よりかは貰えてるみたいですが、収入は良いわけではないです。生活苦しい。20代のうちに転職したい。

休みは比較的取りやすいです(これが一番大事かもしれない)

どこでも寝られるので夜行バスの移動やネカフェ宿泊も苦ではないです。*2今回のツアーでも利用しました。

Perfumeファン歴のそれ

10年くらいです。詳しくは下記記事を参照

Perfumeとの出会い - タイトルが設定されていません(仮)

参戦歴 - タイトルが設定されていません(仮)

その他のそれ

TwitterInstagramは割と更新してます。

twitter.com

www.instagram.com

そのほか、質問はこちらからどうぞ。

peing.net

遠征に必要な費用

本題です。

遠征に行くことになりました。

一口に遠征と言っても、色々なパターンがあると思います。

ライブが1日だけの場合を想定しても、日帰りで弾丸の0泊1日のストイックな遠征もあれば、1泊2日の初心者におすすめスタンダードな遠征。または前後に休みを取って余裕を持った2泊3日以上のラグジュアリーな遠征もあるでしょう。遠征という名詞をラグジュアリーという言葉で彩ったのは私が初めてかもしれませんね。

ちなみに私は一昨年の12月には6泊8日の遠征をしました。

(『OTONOKO 2017』(石川県金沢市)と『9ジラジNIGHT』(広島県広島市)に行った)

FUTURE POPツアーでは、横浜を除き8都市へ遠征しましたが、中には多めに休みを取って観光も満喫した遠征もあります。 

しかし、そのすべてにかかった費用ではなく、この記事では「最低限必要な費用」を紹介します。決して計算がめんどくさいわけではないです。

概算ですが総費用もだします。

では「最低限必要な費用」とはなにがあるのか。勝手に以下のように定義します。

  • チケット代
  • 交通費
  • 宿泊費
  • グッズ代

以上です。

本当にマストなのはチケット代交通費だけでしょう。入場するための費用と会場に行くための費用は欠かせません。しかし、それだけではおもしろくないので今回は宿泊費(宿に泊まるとは言ってない)も含めます。また、ツアーを全通するのにツアーグッズを買わないという選択はありえないのでグッズ代も含めることにします。

ちなみに交通費の算出方法ですが、以下の条件をつけます。

  • 都市(都内or横浜or川崎)から都市(公演の場所)への移動費用とする*3
  • 横浜公演における自宅からの移動、および自宅への移動は¥0とする*4
  • 羽田空港への自宅からの移動、および自宅への移動は¥0とする*5

 

逆に「最低限必要な費用」に含めないものは以下となります。

  • 食費
  • 観光にかかる費用

食費は必要最低限じゃないの?と思うかもしれませんが、1日2日飲み食いしなくても人は死なないのでマストではないです。どうしてもお腹が空いて無理な人は家からおにぎりでも持っていけば良いと思います。繰り返しになりますが、決して計算がめんどくさいわけではないです。

また、上記と同じ理由*6観光にかかる費用もここでは含めません。観光する場所がない都市もありますし*7

 

それぞれの遠征費とグッズ代

 1都市ごとに見ていきます。大阪を除き1都市につき2公演となります。グッズ代は公演毎ではなく最後にまとめます。

長野(9/21-9/22)

f:id:Ishtc:20190122234905j:plain

チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費(2泊分)

 民宿

 ¥7,000

 

交通費

 往路:¥6,000

  川崎⇒長野

   車

   ¥6,000

  復路:¥6,500

  長野⇒川崎

   車

   ¥6,500

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥7,000

交通費:¥12,500

 

合計:¥37,644

 

ツアー最初の地となった長野は、複数人で車を使うというイレギュラーなパターンの遠征となりました。交通費が全然記録されてなくて、けっこうな概算です。もっと安かったかもしれないし、もっと高かったかもしれない。4連休だったということでライブの翌日、翌々日も遊んでました。そのため、食費や娯楽費が嵩んだと思います。とはいえ車移動だったこともあり、お酒を全く飲んでないので、上記の合計にプラス¥10,000~¥15,000くらいが長野遠征でかかった費用だと思われます。宿に2泊して遊んだ割には安いなという印象です。大人数のため、交通費と宿代がかなり抑えられたのが大きいでしょうか。

 

大阪(9/29)

f:id:Ishtc:20190122235132j:plain

チケット代(1公演)

 ファンクラブ

 ¥9,072

 

宿泊費

 ドミトリー

 ¥2,500

 

交通費

 往路:¥6,500

  横浜⇒大阪

   バス(グレース観光)

   ¥6,500

  復路:¥13,290

  大阪⇒横浜

   新幹線・自由席(東海道新幹線

   ¥13,290

 

チケット代:¥9,072

宿泊費:¥2,500

交通費:¥19,790

 

合計:¥31,362

 

台風のため1公演が延期となってしまった大阪公演です。そのため1公演分のチケット代が浮いたため、他の遠征よりも合計が安くなってます。とはいえ、当初は¥4,500のバスで帰ってくる予定でした。新幹線代と相殺されるので、もし2公演やったとしても合計金額はそんなに変わらないでしょう。1泊しかせず、翌日は朝には帰路についたので、食費もそんなにかかっておらず、上記の金額に+¥6,000~¥9,000くらいが今回の大阪遠征でかかった費用だと思われます。台風のため仕方ないですが、今回のツアーで最も悔いの残る遠征となりました。また、帰りは大阪から横浜まで座ることができず、新幹線がさらに嫌いになる遠征でした。

 

青森(10/6-10/7)

f:id:Ishtc:20190123210632j:plain

 チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費(1泊分)

 友人宅

 ¥0

 

交通費

 往路:¥8,670

  品川⇒弘前

   バス(京浜急行バス

   ¥8,000

  弘前⇒青森

   電車(JR奥羽本線

   ¥670

 復路:¥8,500

  青森⇒横浜

   バス(さくら観光)

   ¥8,500

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥0

交通費:¥17,170

 

合計:¥35,314

 

青森は初上陸でしたが、これぞ"貧乏遠征"と胸を張って言えるような遠征になりました。往路復路ともにバスのため、新幹線で往復した場合と比較して半額以下に抑えられました。帰りのバスには12時間くらい乗ってたと思います。宿は友人宅を利用したため¥0。車を出してもらい、色々案内をしてもらったので、お金がかかってないわりに色々と観光もできました。初日はあえて弘前にも足を運び、アップルパイの食べ比べをしました。安く濃い遠征になったと思います。青森はまた行きたいです。食費等を考慮しても、上記の合計に+¥10,000くらいだと思います。

 

静岡(10/13-10/14)

f:id:Ishtc:20190123000234j:plain*8

 チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費(1泊分)

 ホテル

 ¥5,000

 

交通費

 往路:¥6,670

  品川⇒静岡

   新幹線・自由席(東海道新幹線

   ¥5,830

  静岡⇒掛川

   電車(JR東海道本線

   ¥840

 復路:¥8,500

  掛川⇒横浜

   新幹線・自由席(東海道新幹線

   ¥8,500

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥5,000

交通費:¥15,170

 

合計:¥38,314

 

今回のツアーの遠征としては最も近い場所でしたが、かなり贅沢なお金を使い方をしたと思います。学生のころと比べ、お金の使い方が変わったなと感じる遠征でした。なんで青森よりお金かかってるんだろう…。特に観光はしなかったのに、食べてばっかの遠征でした。JPNツアー、COSMIC EXPLORERツアーでもエコパは訪れてるからか、会場で撮った写真がない唯一の遠征になりました。上記の合計に+¥7,000~¥12,000が実際にかかった費用になると思います。

 

徳島(10/24-10/25)

f:id:Ishtc:20190122235916j:plain

チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費(2泊分)

 ホテル

 ¥10,800

 

交通費

 往路:¥6,500

  横浜⇒和歌山

   バス(さくら観光)

   ¥4,500

  和歌山⇒徳島

   フェリー(南海フェリー

   ¥2,000 

 復路:¥21,370

  徳島⇒鳴門

   タクシー

   ¥4,000

  鳴門⇒大阪

   バス(南海バス

   ¥3,250

  大阪⇒横浜

   新幹線・指定席(東海道新幹線

   ¥14,120

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥10,800

交通費:¥27,870

 

合計:¥56,814

 

青森に続き、人生初上陸の地となった徳島遠征です。5連休を利用して行きました。帰りに大阪で遊んだのでちょっと割高になってます。平日の公演だったため、バス代が安く、往路はかなり費用を抑えられました。和歌山を経由した理由はフェリーに乗りたいという希望を叶えるためです。失敗だったのはホテルを鳴門にとったことでした。鳴門では食事できる場所も少ないので、終演後に徳島で食事をする必要があります。しかし、終電の時間がはやく、食事か電車かのどちらかを諦める必要がありました。結局2日目の終演後にタクシー移動をしています。とはいえ、鳴門で瀬戸内の潮風を浴びながら漕いだ自転車の気持ちよさと景色は最高でした。会場もコンパクトで、次の徳島公演も必ず行くと思います。上記の合計に+¥10,000~¥15,000が徳島遠征でかかった費用になるでしょう。本気出せばもっと安くできます。

 

札幌(11/3-11/4)

f:id:Ishtc:20190123003633j:plain

チケット代(2公演)

 アルバム先行

 ¥8,830

 ファンクラブ先行

 ¥9,072

 

宿泊費(2泊分)

 ネカフェ

 ¥4,700

 

交通費

 往路:¥9,690

  品川⇒成田

   電車(京急本線etc)

   ¥1,190

  成田⇒札幌

   飛行機(ジェットスター

   ¥8,500 

 復路:¥9,680

  札幌⇒成田

   飛行機(春秋航空

   ¥8,490

  成田⇒品川

   電車(京急本線etc)

   ¥1,190

 

チケット代:¥17,902

宿泊費:¥4,700 

交通費:¥19,370

 

合計:¥41,972

 

札幌はライブが目的でいくのは初めてでした。LCCを利用したこと、帰りは比較的安価な月曜朝の便を利用したことで交通費は抑えられました。ミスチルのライブとかぶっていたこともあり、ホテルが割高だったのでネカフェを利用しましたが、これは正解だったと思います。駅近で2泊を¥5,000以下で抑えられました。小樽まで足を伸ばして観光したり、美味しいもの食べたりとライブ以外でも楽しめた遠征でした。もっと早くから準備して復興割なんかを使えたら交通手段、宿泊の充実と費用の削減が両立できるのではないでしょうか。北海道はまた行きたいです。上記の金額に+¥10,000〜¥15,000くらいが札幌遠征にかかった費用になると思います。

 

名古屋(11/19-11/20)

f:id:Ishtc:20190123005405j:plain

チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費

 ホテル

 ¥2,500

 

交通費

 往路:¥9,410

  横浜⇒熱海

   電車(JR東海道本線

    ¥1,320

  熱海⇒名古屋

   新幹線・自由席(東海道新幹線

   ¥8,090

 復路:¥4,800

  名古屋⇒横浜

   バス(さくら観光)

   ¥4,800

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥2,500

交通費:¥14,210

 

合計:34,854

 

平日の公演のため、宿泊費、バス代を安く抑えられました。これくらいの安さでホテルに泊まれるのはありがたいですね。横浜以外では一番安く行って帰ってこれたのが名古屋公演です。ただ、バスで帰宅したので翌日エクストリーム出社になりました。バスで寝られない人はオススメしません。そんなに高いものも食べてないので、+¥5,000〜¥10,000くらいが総費用となるでしょうか。2日目の公演、アリーナ1列目から観た景色は一生忘れない。

 

横浜(12/11-12/12)

f:id:Ishtc:20190123210904j:plain

 チケット代(2公演)

 ローチケ

 ¥8,964

 ファンクラブ

 ¥9,072

 

宿泊費

 自宅

 ¥0

 

交通費(1日目)

 往路:¥1,270

  品川⇒横浜

   新幹線・自由駅(東海道新幹線

    ¥1,270

 復路:¥0

  横浜市内移動

交通費(2日目)

 往路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 復路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 

チケット代:¥18,036

宿泊費:¥0

交通費:¥1,270

 

合計:¥19,306

 

9年ぶりとなった横浜アリーナの公演。横浜市に住んでいるので交通費はほば¥0。初日のみ仕事終わりに一区間だけ新幹線を利用しました。ライブ後の飲み代で+¥6,000くらいになると思います。遠征も楽しいけど近いのが一番楽だね。

9年ぶりに横浜アリーナでPerfumeと再会した話 - タイトルが設定されていません(仮)

 

福岡(12/23-12/24)

f:id:Ishtc:20190123005435j:plain

チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費(2泊分)

 ホテル

 ¥8,500

 

交通費

 往路:¥15,500

  東京⇒福岡

   飛行機(スカイマーク

   ¥15,500 

 復路:¥18,650

  福岡⇒東京

   飛行機(全日空

   ¥18,650

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥8,500

交通費:¥34,150

 

合計:¥60,794

 

今回のツアーで最後の遠征となったのは福岡でした。時期が時期だけに安い航空券を見つけるのが難しかったこと、2泊したことでそこそこお金かかっていますが、これより安くするのは難しいのではないでしょうか。COSMIC EXOLORERツアーのときのようにバスを使うくらいしか思いつきません。観光もしましたので、+¥12,000~¥18,000くらいでしょうか。あとで知ったのですが、復路の福岡空港Perfumeとニアミスしてたらしいです。また、羽田空港を利用したのですが、すごく楽で良かったです。成田のほうが安い便は多いですが、空港までの費用考えたらあんまり変わらないのかもしれません。

 

横浜追加(12/28-12/29)

f:id:Ishtc:20190123210847j:plain

チケット代(2公演)

 ファンクラブ

 ¥18,144

 

宿泊費

 自宅

 ¥0

 

交通費(1日目)

 往路:¥1,270

  品川⇒横浜

   新幹線・自由駅(東海道新幹線

    ¥1,270

 復路:¥0

  横浜市内移動

 

交通費(2日目)

 往路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 復路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 

チケット代:¥18,144

宿泊費:¥0

交通費:¥1,270

 

合計:¥19,414

 

こちらも初日のみ仕事終わりに一区間だけ新幹線を利用しました。やっぱり近いのは良い。同じくライブ後の飲み代で+¥6,000くらい。

 

横浜カウントダウン(12/31)

f:id:Ishtc:20190123210701j:plain

チケット代(1公演)

 ファンクラブ

 ¥9,072

 

宿泊費

 自宅

 ¥0

 

交通費

 往路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 復路:¥0

  横浜市内移動

  ¥0

 

チケット代:¥9,072

宿泊費:¥0

交通費:¥0

 

合計:¥9,072

 

チケットが最後まで手に入らず苦労したのがカウントダウンでした。行けなかったらもうそれは恐ろしいくらい落ち込んでたでしょう。今回のツアーで5公演目の横浜でしたが、やっぱり近いのは良いですね。食費とかで+¥3,000くらい。

 

グッズ代

f:id:Ishtc:20190123211055j:plain

 

 ツアーパンフレット

 ¥2,000

ワンポイントTシャツ

 ¥3,000

FPタオル

 ¥1,500

サーマルプルオーバー

 ¥5,500

LSG18

 ¥3,000

ジャケットコレクション(51個)

  ¥25,500

 

合計:¥40,500

 

年々グッズに費やすお金は減ってきていますが、こう計算してみるとけっこう使ったのがわかります。原因は明らかにガチャ*9ですけど。各地でガチャを引くのは楽しかったです。知ってる人、知らない人と交換しながら進めてました。しかし結局コンプはできず。現在50種類持ってるのであと17種類です。ここまできたら揃えたい。ガチャ以外ではサーマルプルオーバーが気に入ってます。結局全ての公演でこれを着てました。それからツアーに欠かせないツアーパンフレット。ツアーを重ねるごとにディスコグラフィーのページが細かくなっていくのがたまらないです。必ずツアー初日で買うようにしています。他にはツアーで個人的に欠かせないタオルとTシャツ。Tシャツは複数種類がありましたがワンポイントTシャツを選びました。

まとめ

  チケット代 宿泊費 交通費 合計
長野 ¥18,144  ¥7,000  ¥12,500  ¥37,644 
大阪 ¥9,072  ¥2,500  ¥19,790  ¥31,362 
青森 ¥18,144  ¥0 ¥17,170  ¥35,314 
静岡 ¥18,144  ¥5,000  ¥15,170  ¥38,314 
徳島 ¥18,144  ¥10,800  ¥27,870  ¥56,814 
札幌 ¥17,902  ¥4,700  ¥19,370  ¥41,972 
名古屋 ¥18,144  ¥2,500  ¥14,210  ¥34,854 
横浜 ¥18,036  ¥0 ¥1,270  ¥19,306 
福岡 ¥18,144  ¥8,500  ¥34,150  ¥60,794 
横浜追加 ¥18,144  ¥0 ¥1,270  ¥19,414 
横浜CD ¥9,072  ¥0 ¥0 ¥9,072 
グッズ代 - - - ¥40,500 
合計 ¥181,090  ¥41,000  ¥162,770  ¥425,360 

 

合計:¥425,360

 

9都市20公演に参加して「最低限必要な費用」の合計は¥425,360になりました。

これに観光代やら娯楽費やら食費やら土産代を加えると+¥100,000くらいでしょうか。

20公演と言うと多いですが、そのうち5公演が横浜ということで思っていたよりも安く抑えられたと思います。この金額を高いと受け取るか、安いと受け取るかは人それぞれでしょう。

まだまだ削れる部分はあるので、総費用でも¥500,000くらいあれば行けるのではないでしょうか。

また、複数の公演に参加するためには人の協力があると良いでしょう。

極論ですが、全国各地に泊めてくれる友達をつくれば宿泊費は¥0に抑えられます。ホテルを利用するとしても複数人で泊まればかなり安く抑えられます。移動も一緒です。車移動であれば高速代とガソリン代、レンタカー代を頭数で割れば安くなりますし、観光もしやすいです。また、今回は比較的チケットの取りやすいツアーでしたが、チケットを取るのにもやはり人からの協力は必要です。1人で20公演分のチケットを集めるのは困難です。(他人に譲る前提で多めに申し込むのはNGだと思います)

Perfumeのライブは席がランダムですが、それでもファンクラブ枠のチケットがいわゆる“良席”に割り振られる傾向があります。アルバム先行やローチケを利用して取ったチケットはいずれも天空席でした。天空席が悪いとは思いませんが、20公演すべてが天空席だとなかなかでしょう。今回は18公演がファンクラブ枠でした。おかげでアリーナ席の全角度、アリーナ1列目や出島真横、正面も経験することができました。ある程度の協力体制はあると便利です。

次に休みについてです。

大阪、徳島、札幌、福岡はライブ後翌日に、長野1日目、徳島、名古屋、横浜2日目はライブ当日に有給を取得しています。

FUTURE POPツアーのために取得した有給は10日でした。

休む理由は正直に話しているので、有給を申請するたびに「今度はどこ行くんだ」と職場で色々な人に突っ込まれます。

ライブ後翌日に働くのがしんどいので多めに休みを取っていますが、日帰りできない遠征とライブ当日くらいは最低限休めれば良いのかと思います。場所によっては定時退社すれば参加できるライブもあるかもしれません。 

 

ということでまとめると全公演いくために必要なものは下記のとおりとなります。

  • 土日休みの環境
  • 有給10日
  • ¥500,000

いかがだったでしょうか。*10

客観的に見て、土日休みの関東在住という恵まれた条件だとは思います。もちろんイレギュラーな部分もたくさんありますが、一つの例としてここに紹介しておきます。

社会人2年目にしては結構な出費であることは間違いない*11ですが、それでも大好きなPerfumeと一緒に全国を回れたこと、FUTURE POPツアーの成長を肌で感じられたことは一生忘れないでしょう。当たり前ですが、ライブって1つとして同じものが存在しないんですよ。

 

人生で一番楽しい3ヶ月間だったと思っています。

 

2019年のFUTURE POPツアーは上海と台北に行く予定です。*12

海外公演は初めてなので 、またなんらかの形で載せたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

*1:本来は18公演

*2:4列のバスはきつくなってきた

*3:自宅から会場までの費用ではない

*4:自宅がばれちゃう

*5:自宅がばれちゃう

*6:計算がめんどくさいわけではない

*7:決して名古屋のことではない

*8:会場を撮影した写真がなかったのでさわやかのハンバーグ

*9:ジャケットコレクションのこと

*10:これが言いたかった

*11:現在かなり生活を切り詰めている

*12:

大阪の追加・振替は行けそうにないので、今後「全通」を自称してよいのか非常に悩んでます