タイトルが設定されていません(仮)

Perfumeのことや雑記などを適当に

18きっぷでどこか行く 1日目

学生生活最後の春休み、社会への1歩を踏み出す前の最後のモラトリアムとも言えるこの時期に、どうしてもやりたいことがあった。

 

18きっぷでどこかへ行くことである。

 

最初に18きっぷを利用したのはちょうど3年前のことだったが、体力的にはきついもののなかなか楽しかった。

 

18きっぷでの旅行を楽しむにはある程度の適性が求められると思う。長時間の移動が苦にならず、楽しめるかどうか。

 

片道2時間をかけて大学へと通っていた自分には、いつの間にかそんな能力が備わっていたのだと思う。

ない人はただストレスを溜めるだけだろう。

 

というわけで、本日2017年3月20日から5日間、どこかへ行くことにした。

行き先は決めていない。

決まっているのは「行ったことない場所へ行く」と「なるべくその記憶や感動が薄れないうちに記録する」ということだ。

なのでこの記事はそれの記録。今日は1日目。宿が確保できるかにもよるが、毎日やりたい。続くだろうか…

 

 

11:00 小田原駅(神奈川県小田原市)

 
f:id:Ishtc:20170321023019j:image

スタートは小田原駅

見慣れた景色、いつもここから

三連休の最終日ということで普段よりも人が多い。

 

小田原からJRに乗るとなると東京方面へと上るか、熱海方面へと下るかの二択になるわけだが、過去の経験から在来線で静岡へ行くのは苦痛であるとわかっていたため、都内を目指すことにした。

 


f:id:Ishtc:20170321023044j:image

 

高崎線直通とかいうやつに乗る。むかしから「高崎行き」の電車には何度も乗ったが、一度も高崎へと行ったことがなかったため、高崎を目指すことにした。

「高崎ってどこだよ」という小6のときから抱えていたそれを解き明かすことにした。

 

また、グリーン車も使った。旅の最初から体力を消耗したくなかったからだ。

 


f:id:Ishtc:20170321023059j:image


f:id:Ishtc:20170321023112j:image

そして「鯛めし」を購入。むかし祖父がよく買ってきてくれて大好きだったが、祖父が亡くなって以降食べる機会がほとんどなかった。


f:id:Ishtc:20170321023121j:image

「2016小田原セレクション」というものを受賞したらしい。初めて知った。

美味しいのでオススメです。

 

 

グリーン車に揺られて東京へ。見慣れた景色が続く。。

 

東京へ着いたあと、そのまま高崎線へ。ここからが実質スタート。

埼玉は大宮より向こう側へ行ったことがない。

 

14:00 籠原駅(埼玉県熊谷市)

 


f:id:Ishtc:20170321023136j:image

籠原駅は思っていたよりもグンマだったし、なにもなかった。駅前のデイリーヤマザキの店内にはバルミューダトースターが置いてあって自由に使ってよいとのことだった。トースターは買わなかったので使わなかった。

 

少し時間をつぶしてから高崎へ。

 

15:40 高崎駅(群馬県高崎市)

 
f:id:Ishtc:20170321023152j:image

高崎線の終着駅である。ここもやはり三連休の最終日ということからか、旅行客が多い。

 

そしてここでやらかす。

18きっぷを落としてきてしまったらしい。必死に探すものの見つからない。

駅員さんに正直に話したところ、高崎までの料金は請求されなかった。

しかし、旅を続けるためには18きっぷは必要不可欠なので、再び高崎駅18きっぷを購入。

出費が痛すぎる。

実は学割証とかいう特急カードを用意していたので、旅の中で1回か2回は新幹線に乗ろうと思っていたのだが、厳しくなってしまった。貧乏旅行がさらに貧乏になる。

 
f:id:Ishtc:20170321023231j:image

高崎には岩があった。

 
f:id:Ishtc:20170321023241j:image

暑かったので北上することにした。上越線とかいうものに乗り換える。

 

群馬と言えば、草津伊香保などの温泉のイメージが強かったのだが、電車だとアクセスが厳しいため断念。上越線で目指しやすい水上温泉を目指すことにした。

本当は草津に行きたかった…。もっとはやく家を出ていれば行く時間もあったのかなと後悔。

 

上越線で進んでいくうちに深い山の中へ。途中圏外になることもあり困った。

 

水上へと近づいていくうちに雪が見え始める。

 

17:40 水上駅(群馬県みなかみ町)


f:id:Ishtc:20170321023337j:image
 
f:id:Ishtc:20170321023346j:image

群馬最北端の町へ来た。寒い。3月も下旬にさしかかろうというこの時期にも雪が多く残る。

 

寂れているというのが第一印象。三連休最終日の夕方だからだろうか?

イメージしていた温泉街とはまったく違った。

人も歩いてない、車も走ってない、駅前の店も開いてない。寒い。

 

駅前の観光案内所で情報を仕入れようとしたが閉まっていた。

 
f:id:Ishtc:20170321023406j:image


f:id:Ishtc:20170321023612j:image



てきとーに歩いて見つけた日帰り温泉に入る。イメージしていた温泉とは違い、室内の狭いものだったが、地元の人が数人いる程度で、ほぼ貸切状態で利用することができた。

良い湯でした。

 
f:id:Ishtc:20170321023726j:image

 

この水上で食事も済ませようと思ったのだが、飲食店はおろか、コンビニ等の売店も見つからない。

 

仕方ないので駅へ戻り、再び上越線で北上することに。

 

最大で20分間も圏外状態が続くという洗礼を浴びながらも新潟県へ突入。

新潟県は小学校1年生の夏休みに苗場へ行った経験があるがそれが唯一だ。

 

外の景色が見えないので新潟県を感じられないが、Negiccoを聴きながら過ごす。

 

何度かスキー場の前の駅に止まる。ウインタースポーツやりたい。雪山で遊びたい。

夜のスキー場は好きです。

 

21:50 長岡駅(新潟県長岡市)

 
f:id:Ishtc:20170321023755j:image

ようやく長岡へ。ここで泊まることも考えたが、せっかくなので乗り換えて新潟を目指すことに。

 

信越本線へ。

この旅で初めて席に座れず。そろそろ疲労もピークに。

 

23:20 新潟駅(新潟県新潟市)

 

初上陸。水上よりは寒くない。

 
f:id:Ishtc:20170321023845j:image

実はこのモニュメントの写真を撮るのを楽しみにしていたのだが、新潟の怖そうな若者がたくさんいて怖かったので、遠くから撮影するだけに。

 

空腹がひどかったので、地元出身の人がすすめるラーメンを食べた。

 
f:id:Ishtc:20170321023909j:image

美味しかった。

 

そして駅の近くのネカフェへ。

今へと至る。

 



f:id:Ishtc:20170321023934j:image

大雑把ではあるが1日目の移動ルート。

1日で1都4県を訪れたことになる。

総移動距離は大体400kmくらいだろうか。

当然、新幹線や特急列車は利用していないので相当疲れた。

 

明日の午前中は新潟市を観光したい。日本海をみたい。どうなるかわからないけど。

 

 

疲れた…このペースで更新を続けるだろうか…

明日は減らすかも。本当は写真ももっと載せたい。

 

ishtc.hatenablog.com